• UK
  • US
  • Français
  • Deutsch
  • Español (precios €)
  • Portugal
  • Polski
  • 日本人
  • 中國傳統
  • 简化中国

チュートリアル


左側のメニューに、Spike2 と Signal に関するいくつものチュートリアルへのリンクがあります。


Spike2トレーニング動画

Spike2 は、電気生理学、神経生理学、スポーツ科学、薬理学などのさまざまな分野への適用に最適なマルチ・チャンネルの連続データ収集および分析パッケージです。

このトレーニング動画では、まずSpike2の紹介を行い、このソフトウェアの概要を説明してから、チャンネル・プロセス処理、バーチャル・チャンネルとメモリ・チャンネルの分析、スパイクのソートなどのより詳細な機能について解説します。

 


Signalトレーニング動画

Signalはスイープベースのデータ収集および解析パッケージで、ダイナミック・クランプ、ホールセル(全細胞)法やパッチ・クランプ法を用いた電気生理学などの特定の適用領域に適用できることに加え、磁気(TMS)やその他の刺激装置の制御を含む誘発反応に対する機能も提供します。

この動画では、まずSignalの紹介を行い、このソフトウェアの概要を説明してから、クランプ設定、刺激装置の制御、そしてより高度な分析オプションなどの特定の機能について解説します。


Spike2 ビデオ・チュートリアル

ここには、Spike2 を使ったサンプリングと解析の様々なタスクに関するチュートリアルを用意しています。波形、イベント、WaveMarks のサンプリングのセットアップ方法や、外部装置を制御する出力シーケンサーの使用方法に関するビデオも含まれています。データ解析についてのビデオでは、チャンネル処理、自動測定、スパイク・ソーティングなどの内蔵解析機能や、主電源ハム除去のカスタマイズされた解析オプションの活用方法を紹介しています。


Signal ビデオ・チュートリアル

ここには、Signal、スイープベースのデータ獲得および解析ソフトウェアのチュートリアルがあります。誘発反応実験用に異なるスイープ・モードでサンプリングをセットアップする方法や、経頭蓋磁気刺激 (TMS) 研究用の Magstim 刺激装置の制御方法に関するビデオも含まれています。データ解析についてのビデオでは、平均化、自動測定、単一チャンネル・パッチ・クランプ解析などの内蔵解析機能の活用方法を紹介しています。


Spike2 または Signal のどちらでも、チュートリアルに関するご意見やご要望がございましたら、お知らせください
Cambridge Electronic Design Limited

イギリスで登録済み: 00972132

登録事務所:

  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.

VAT: GB 214 2617 96

プロデューサー登録番号: WEE/BD0050TZ

販売規約

米国のお客様には、英国の会社であることを示すW-8BEN納税フォームを提供できます。.

DUNS: 219151016
CAGE/NCAGE: KB797
NAICS: 423490
商品コード
Hardware: 84716070
Software: 85234945
×

電子メールによる:

info@ced.co.uk

郵便で
  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.
電話による:

(Int.+44) (0)1223 420186

北アメリカから:

1 800 345 7794

×