• UK
  • US
  • Français
  • Deutsch
  • Español (precios €)
  • Portugal
  • Polski
  • 日本人
  • 中國傳統
  • 简化中国

Signalのスクリプト


編集

のアーティファクトの削除
artRem.sgs (12年2月)

artremsig.zip

  • カーソル 1 に対して、あるいはカーソル 1 と 2 の間で時間範囲を使って、指定された波形のチャンネルからアーティファクトが削除されます。
  • 指定されたアーティファクトのデータは、未変更のデータの端をつなぐ連続行に置き換えられ、直接ディスクに書き戻されます。
  • アーティファクトの削除後、インタラクティブまたは自動的にデータ・ファイル・フレームの移動が進行します(1 フレームにつき 1 アーティファクトのみの場合の利便性のため)。

このスクリプトでは、Signal v4 以降が必要です。

データファイルのサンプリングやり直し
ReSample.sgs (10年5月)

ReSample.zip

このスクリプトを使用して、データファイルを補間し、3次スプライン処理を使用して、データポイント、これゆえにサンプル・レートを増減することができます。このスクリプトによって、 選択されたサンプルやり直し係数を持つファイルの新しいコピーが作成されます。

このスクリプトでは、Signal v3.10 以降が必要です。

フレームのサブセットのタグ付け
OddEvenTag.sgs (10年5月)

OddEvenTag.zip

このスクリプトは、フレームのサブセットに特定の機能を適用する一例です。これによって、ユーザーはファイルの奇数番号のフレーム、偶数番号のフレーム、またはすべてのフレー ムにタグを付けることができます。このスクリプトは、改変が容易でチャンネルの変更内容または一定の分析機能をタッグフレーム機能の代わりに適用することができます。

このスクリプトでは、Signal v2.16 以降が必要です。

フレームの 1 つのファイルから別のファイルへの追加
AppendFiles.sgs & AppendTaggedFrames.sgs (15年2月)

AppendFiles.zip

このスクリプトは、1 つのファイルから別のファイルにフレームをコピーするのに使用できます。波形データだけがコピーされ、スクリプトは、2 つのファイルに同じ数の波形チャンネルがあるものと予想します。AppendTaggedFrames は非常に類似するもので、利用できるフレームのサブセットだけをコピーするためにスクリプトを変更する方法のデモンストレーションを行うことが目的です。

複数ファイルの平均化
MFILEAVE.SGS (11年1月)

mfileave.zip

このスクリプトはどのように手作業によってファイルから平均を SetAverage () を使わないで取り出すべきか示し、そして1つのファイルに平均されます。

それは処理するべきデータファイルを要求し、いずれのチャネルに平均されるべきか決めることを可能にます。それは処理するすべてのファイルで同じであります。 それはチャネルの適切な数を持っている新しいデータファイルを作って、ソースファイルから平均を取り出すことを可能にします。 それから(Toolbar () によって供給されたボタンを使っている)異なったソースファイルに変わって、オリジナルの平均に付け加えることができます。

(平均の数が1つをデフォルトとしますが)、ひとつのアウトプットソースファイルの中で多重出力平均を持つことができます、そしてこれらは、加えられるか、 あるいは取り去られるとの比べて同じぐらい容易に横断されることができます。

マルチファイルからのクロス平均
CROSSAVG.SGS (05年12月)

crossavg.zip

スクリプトで、フレーム 1 はすべてのソースファイルのフレーム 1 の平均、フレーム 2 はすべてのソースファイルのフレーム 2 の平均、以下同じように、これらの平均が作成されます。 平均されるファイルにはすべて、当然、それぞれが同一のサンプルレートと長さを有する同じ数の波形チャンネルが存在する必要があり、少なくとも同じ数のフレームがなければなりません。

2つのフレームの差分をメモり・ビューへ
SUBFRAME.SGS (99年7月)

subframe.zip

このスクリプトはメモリ・ビューを生成し、ソース・ビュー内の2つのフレーム間の差分をそこに格納します。

ファイルをマージ
MergeFiles.sgs & MergeFilesW.sgs (15年7月)

MergeFilesW.zip

この zip には、2 つのスクリプトがあります。

スクリプト MergeFiles.sgs は、既存のファイルからフレームをコピーして新しいデータ・ファイルを作成します。あらゆるタイプのデータ・チャンネルがフレーム変数のように処理されます。すべてのフレームをコピーできることもあれば、コピーできるのは特定のステート値を持つフレームに限られることもあります。ファイルを開き、使用するステート番号をスクリプト・ツールバーで選択することができます。ファイルは、新規ファイルに含まれるのと同じチャンネル配置を持っている必要があり、スクリプトはチャンネル番号のわずかな違いの処理に最善を尽くしますが、非常に類似したファイルでよく機能するのは明らかです。

スクリプト MergeFiles には、Signal v6.03 以降が必要です。

もう 1 つのスクリプトは MergeFilesW.sgs で、これは類似していますが、波形データ・チャンネルと一部のフレーム変数だけに制限されます。

MergeFilesW には、Signal バージョン 4.00 以降が必要です。

これらのスクリプトのいくつかは CED チームというよりユーザーから送られて来ました。 もしあなたがこのページを通して仲間の使用者に申し出たいスクリプトを持っているなら、どうか(Tim Bergelにお伝えください。 ダウンロード可能スクリプトのあるスクリプト記述についての最新記事と 科学製品 スクリプト・ページもご覧ください。 同じくSpike2 にいくつかのスクリプトを提供します。

Tこれらのスクリプトは、WinZip ファイル、myscript.zip, として保存されています。ただし、 signal\scripts\myscript.sgs.と表示されている場合は除きます。これらファイルはSignalでインストールされ、signalとはSignalをインストールしたディレクトリを表します。下の説明ラインをクリックして概略の項をご覧ください。

Cambridge Electronic Design Limited

イギリスで登録済み: 00972132

登録事務所:

  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.

VAT: GB 214 2617 96

プロデューサー登録番号: WEE/BD0050TZ

販売規約

米国のお客様には、英国の会社であることを示すW-8BEN納税フォームを提供できます。.

DUNS: 219151016
CAGE/NCAGE: KB797
NAICS: 423490
商品コード
Hardware: 84716070
Software: 85234945
×

電子メールによる:

info@ced.co.uk

郵便で
  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.
電話による:

(Int.+44) (0)1223 420186

北アメリカから:

1 800 345 7794

×