ユーザから寄せられたソフトウェア

このページは、CED社外の方々によって記述されて皆様のために寄付されたCED製品をサポートするソフトウェアをリストアップしています。 一般的に、ソフトウェアの著作権は著作者に帰します。 ソフトウェアには保証はなく、著作者はその使用の結果に対していかなる責任も負いません。 ユーザのためのサービスとして、CEDがこのページとソフトウェアへのリンクを提供しています。 ソフトウェアをご寄稿なさりたい場合、弊社までお知らせ下さい


Matlabと1401のインタフェース 改善されました!

Matlabと1401のインタフェース

"Matced"は、MatlabがCED 1401データ獲得システムを直接制御できるようにするインタフェースです。 CEDによってサンプリングされたデータの処理及びプロット用のパワフルなフロントエンド・コンピューティング環境を提供します。 同時に、MatlabのMファイルを使用して、CED-1401のプログラミングを行えます。 Matlabのグラフィカル・ユーザ・インタフェース(uicontrol)と併用し、Mファイルを使用して簡単にWindowsアプリケーションを構築できます。

Dario Ringach,
Department of Neurobiology and Psychology,
Jules Stein Eye Institute & Brain Research Institute,
David Geffen School of Medicine,
University of California, Los Angeles,
Los Angeles, CA 90095-1563
USA
email: dario@ucla.edu

32ビット・バージョン

Jim Colebatch氏によって上記のプログラムが32ビット・バージョンに変換され、最新版のMatlabで使えるようになりました。 matced32.zip をダウンロードしてください。自己解凍により matced32.dll が得られます。use1432.dll、matced32.c、matced32.m およびmat1401.m と mat1401X.m を使用してください。これらは、簡単な実例プログラムで、バージョン 04での改善箇所が示されます。 最新のバージョンで、彼は次のように言っています:

この DLL には、U14WorkingSet に対する呼び出しのオプションが含まれており、エラー付きのサブルーチンにより現在は常にエラーコードが返されます。

Matlab と use1432 のインターフェイスとなる 64 ビットの mex ファイル

ジムは、Matlab と use1432.dll のインターフェイスとなる 64 ビットの mex ファイルも利用可能にしました。matced64c.zip をダウンロードして解凍し、mex ファイルとサンプル m ファイルを見つけます。ジムは次のように説明しています:

matced64c のファイル名を選んだのは、これが互換性のあるバージョンであることを示すためで、64 ビット特有の変数は何も使われていません。

matced64c.mexw64 は、提供された状態の use1432.dll バージョンと一緒に、Matlab パスのディレクトリーに入れてください。

mex ファイルは、一緒に入っている m ファイル、つまり、mat1401X_64c.m、mat1401Xp_64c.m、mat1401TF_64c.m を使ってテストでき、これらは、mex インターフェイスの呼び出し方と既存の m ファイルの変更方法を説明しています。

Matlab GUI も提供されています

ジムの好意により 1401 を使用する Matlab GUI も提供されていますmatgui.zip。これはバージョン 6.5.1、7.0 およぎ 7.1 で(少なくとも)作動し、直接 Matlab への簡単なデータ収集を可能にします。これでは、上記の彼の MATCED32.DLL を使用します。

コードは Matlab GUI の機能の数を特に、変数をどのように保存し、ウィンドウ間を通過させることができるかを示しています。

64ビットバージョンのa1401gui_64.zipもあります。

MATLAB 用の神経科学ツール

MATLAB 用の神経科学ツール

sigTOOL では、神経科学データ処理用のプログラミングと解析環境が提供されます。この環境に対するグラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)によって、エンドユーザーに波形およびスパイク列のための必要なものがすべて揃ったアプリケーションが提供されます。このアプリケーションにユーザーが書き込む拡張部分は、既存のコードを変更する必要なく、このインターフェイスに直接追加することができます。Spike2 および Signal ファイル形式は、インポートの選択に含まれています。詳細を読むには、ここ クリックしてください。

Malcolm Lidierth,
Sensory Function Group,
Centre for Neuroscience Research,
Hodgkin Building,
KCL Guy's Hospital,
London
SE1 1UL
UK
email: malcolm.lidierth@kcl.ac.uk

Matlab SON ライブラリー

Matlab SON ライブラリー

MATLAB SON ライブラリ を以下のサイトからダウンロードしてください。これには Windows ファイル用に Spike2 を MATLABに読み込み/書き込み/作成を行うなうためのルーチンが含まれています: http://sigtool.sourceforge.net

Malcolm Lidierth,
Sensory Function Group,
Centre for Neuroscience Research,
Hodgkin Building,
KCL Guy's Hospital,
London
SE1 1UL
UK
email: malcolm.lidierth@kcl.ac.uk

Matlab CFS ライブラリー 改善されました!

Matlab CFS ライブラリー

MATLAB CFS Library.zipをダウンロードしてください。これには Signal ファイルを MATLAB に読み込み/書き込み/作成するためのルーチンが含まれています

ジムはこれらのファイルを Matlab 6.5.1 および Matlab 7 のいくつかのバージョン - R2007a (Matlab 7.5) までを使用してテスト行っています。すべてで正しく動作するようです。サポート・ファイルでは、呼び出しの使用方法が説明され、例を示す m ファイルがいくつかが与えられています。それらはすべて zip ファイルに含まれています、2016 年 2 月 24 日に更新済み。

Matlab と CFSファイル のインターフェイスとなる 64 ビットの mex ファイル

ジムは、Matlab と CFSファイル のインターフェイスとなる 64 ビットの mex ファイルも利用可能にしました。matcfs64c.zip をダウンロードして解凍し、mex ファイルとサンプル m ファイルを見つけます。ジムは次のように説明しています。

matcfs64c のファイル名を選んだのは、これが互換性のあるバージョンであることを示すためで、64 ビット特有の変数は何も使われていません。

matcfs64c.mexw64 は、提供された状態の CFS64c.dll バージョンと一緒に、Matlab パスのディレクトリーに入れてください。.

同梱のmファイルであるcfsRead64cならびにcfsWriteRL64cを使ってmexファイルをテストすることができます。

Jim Colebatch,
Institute of Neurological Sciences,
The Prince of Wales Hospital,
Randwick
Australia
Tel (Int) +61 2 9399 0111 email: J.Colebatch@unsw.edu.au

CFS ファイルのインポート用 MATLAB CFS スクリプト
新!

CFS ファイルのインポート用 MATLAB CFS スクリプト

本 Matlab スクリプトを使って複数の Signal ファイルをインポートできます。

まず matcfs64c ライブラリをフォルダ内でファイルを展開し、上記の通りインストールし、 Matlab パスに付加します。

CFS2MAT.zip,をダウンロードします。このファイルには、 Signal ファイルを MATLAB にインポートする MATLAB スクリプトが同梱されています。

スクリプトの実行:

  • Matlab プロンプト上で cfs2mat を入力します。
  • インポートするファイルのライブラリに行き、ファイルをマークします。
  • そうしますと、CFS ファイルと同じ名前の .mat ファイルが自動的に保存されます。
  • 各 .mat ファイルには一つの要素しか持たない「D」と命名された変数が含まれています。
    • D.param:取得された異なるパラメータ
    • D.data:nPoints x nTrials x nChannelsで構成されるデータ

Gilad Jacobson,
email: giladj@gmail.com

CFS データを MATLAB へ:Biosig

CFS データを MATLAB へ:Biosig

Biosig は、40 以上の異なるデータ形式に対して共通のインターフェイスを提供します。

  • save2gdf、データ変換のコマンド行ツール
  • SigViewer、生理学的信号のツールの表示と判定
  • CFS データを Matlab および Octave に読み込むための mexSLOAD
  • データ処理用のいくつかの Matlab/Octave 関数

Dr. Alois Schlögl,
Institute of Science and Technology Austria,
Am Campus 1,
3400 Klosterneuburg
Austria
email: alois.schloegl@ist.ac.at

LabVIEWのUse 1401

LabVIEWのUse 1401

これらのファイルを使用すると、LabVIEWユーザは、CED Windowsライブラリ: USE1432.DLLを使用してCED 1401へインタフェースできるようになります。 これらは、Windows用のCEDプログラマーズ インタフェース ライブラリで、1401.llbのLabVIEW vi、Test1401.llbのLabVIEWテスト プログラム、およびLv1432.docのWord文書で記載されている関数コールを提供します。 これらの関数はWindows 95/98 および NT用です。

ここから自己解凍ファイル)がダウンロードできます。

Prof E F Evans,
Dept of Communication and Neuroscience,
Keele University,
Keele,
Staffs
ST5 5BG
UK
Tel +44 (0)1782 583054
email: coa18@keele.ac.uk

LabVIEWのUse 1902

LabVIEWのUse 1902

これは、1902増幅器をLabVIEWにインタフェースするためのVIセットです。VIはLabVIEW 6.1用で、それより前のバージョンのLabVIEWでは動作しません。

1902.txtファイル 、またはすべてのファイルのPKZIP アーカイブをダウンロード。

Tim Pragnell,
Dept of Physiology,
University of Oxford,
Parks Road,
Oxford
OX1 3PT
UK
email: tim.pragnell@physiol.ox.ac.uk

VB.NET 1.1 下での 1401 の使用

VB.NET 1.1 下での 1401 の使用

CEDVB02Net.zip および u1432class.zip ファイルは、use1432.dll のラッパー・クラスおよびサンプルコードの一部であり、両方とも VB.NET 用です。

Jim Colebatch,
Institute of Neurological Sciences,
The Prince of Wales Hospital,
Randwick
Australia
Tel (Int) +61 2 9399 0111 email: J.Colebatch@unsw.edu.au

HPGL .plt ファイルを拡張メタファイルに変換する

HPGL .plt ファイルを拡張メタファイルに変換する

HPGLLoad.exe はHPGL .plt ファイルを、 代表的な例としてはSIGAVGからWordドキュメントなどでの直接使用目的に、拡張メタファイル形式へ変換するために作られています。

Jim Colebatch,
Institute of Neurological Sciences,
The Prince of Wales Hospital,
Randwick
Australia
Tel (Int) +61 2 9399 0111 email: J.Colebatch@unsw.edu.au

Graphical user interface for processing motor
evoked potentials 新!

Graphical user interface for processing motor
evoked potentials

The program palMEP_v1.0_x64_setup_7_7_2017.exe is an easy to use and open source graphical user interface for pre-processing and basic analysis of motor evoked potentials elicited by magnetic or electric stimulation. palMEP allows both manual and automated processing of either single or multiple files at once. It supports CED Signal and Spike2 files, as well as generic csv files.

Ruben Perellón Alfonso,
Department of Neurology,
University Medical Centre Ljubljana,
Zaloška cesta 2,
1000 Ljubljana
Slovenia
Tel (Int) +386 1 5222311 email: ruben.palfonso@gmail.com

Spike2 script syntax highlighting in Atom 新!

Spike2 script syntax highlighting in Atom

I made a grammar language-spike2 for Atom editor. It's rather primitive, but you can enjoy syntax highlighting for Spike2 script language in macOS as well.

Function names are taken from version 8 documentation. Some of the functions new in v9 may be missing. Code folding of func or proc is not supported.

Kouichi C. Nakamura,
MRC Brain Network Dynamics Unit,
Department of Pharmacology,
Mansfield Road,
Oxford OX1 3TH
UK
Tel (Int) +44 1865-271582 email: kouichi.c.nakamura@gmail.com.

Excelへの読み込みのためにCFSファイルを変換する

Excelへの読み込みのためにCFSファイルを変換する

プログラムCFS2EXELは、典型的にSIGAVGまたはCHARTからのCFSデータ・ファイルを、Excelへの読み込みに適切なフォーマットに変換するために使用できます。
標準SIGAVGファイルなど、同等スペースの整数データによって構成されたCFSファイルのみで動作します。

詳しい説明 をお読みください。ここでは、自己解凍式ファイルをダウンロードできます。

Sean Kelly
Department of Child Health, Sir James Spence Institute, R.V.I.
Newcastle
NE1 4LP
UK
Tel (0191) 2023007 email: sean.kelly@newcastle.ac.uk

PythonでのSpike2 (SON) ファイルの読み取り

PythonでのSpike2 (SON) ファイルの読み取り

PYTHON用のSONライブラリ

CED の Spike2 Son ファイルからのデータの読み取りについて。.

英国ロンドン、King’s CollegeMalcolm Lidierth が作成した MATLAB 用の SON ライブラリを基本としています。http://sigtool.sourceforge.net

を閲覧してください

イブラリ使用の詳細については、file __init__.pyをお読みになるか、以下を Python シェルに入力してください(ご自分の Python 検索パスに sonpy ディレクトリを配置した後)。

>>> from sonpy import son >>> help(son)

Antonio Gonzalez
Department of Neuroscience
Karolinska Institutet
Stockholm
Sweden
email: Antonio.Gonzalez@ki.se

John Dempster Strathclyde SES

John Dempster Strathclyde SES

Strathclyde Electrophysiology Softwareは、ユーザから本サイトへ寄せられたソフトウェアではありませんが、 細胞内電気生理学実験から得られた信号の記録および解析用に非常に広い範囲で使用されているパッケージ・プログラムの一つです。このプログラムは、CED 1401の製品群のいくつかと併用して作動することが可能です。

Cambridge Electronic Design Limited

Registered in England: 972132

Registered office:

  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.

VAT: GB 214 2617 96

Producer Registration number: WEE/BD0050TZ

Terms and Conditions of Sale

For our US customers, we can provide tax form W-8BEN, that identifies us as a UK company.

DUNS: 219151016
CAGE/NCAGE: KB797
NAICS: 423490
Commodity codes
Hardware: 84716070
Software: 85234945
×

電子メールによる:

info@ced.co.uk

郵便で
  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.
電話による:

(Int.+44) (0)1223 420186

北アメリカから:

1 800 345 7794

×

プライバシーポリシー

CEDは、このサイトを通して、プライバシーに関する2つのことを行っています。以下にこれらについて説明します。

ダウンロードからのEメール情報

弊社ではこのサイトで、テスト プログラムや、Spike2など主要パッケージのアップデート バージョンの完全インストール ファイルなど、さまざまなファイルのダウンロードを提供しています。

お客様が主要パッケージをダウンロードするときに、弊社ではいくつかの事項について質問いたします。たとえば、お客様の氏名、Eメールアドレス、アップグレードしようとしているソフトウェアのシリアル番号、 製品アップデートのお知らせをEメールで自動的にお受けになりたいかどうか、といった事項があります。これらの情報は、お客様がダウンロードを実行する最終画面にアクセスされたときに弊社にEメールで送信されます。 このEメールでは、ご使用になっているブラウザが、現在ご使用のブラウザのタイプとバージョン、および現在ご使用になっている画面解像度の情報を送信するようになっています。

弊社がこれらの情報を収集・管理する理由は、どなたが最新バージョンを取得したかを知ることが弊社ソフトウェア開発チームにとって役に立ち、お客様がどのようなブラウザを使用して弊社のサイトをご覧になっているか、 どのような画面解像度をご使用になっているかを知ることが弊社ウェブサイト開発チームにとって役に立つからです。

クッキー

お客様が主要パッケージをダウンロードするときに、お客様の氏名、ご使用ソフトウェア パッケージのシリアル番号、ダウンロードするバージンを、クッキーという小さなファイルでお客様のコンピュータに書き込みます。 これらのファイルの有効期限は1年間です。

これらの情報をストアする理由は、まず第1に、お客様が後日別のダウンロードを行う場合に、お客様の情報がこのクッキーから読み取られ、ダウンロード フォームに書き込まれますので、お客様は入力の手間が省けることにあります。 第2の理由は、お客様が弊社サイトに次回にアクセスしたときに、ご使用のブラウザがお客様がお持ちの弊社クッキーを調べ、すでにダウンロードされているバージョンと、弊社サイトにある最新バージョン番号を比較することにあります。 お客様がすでのダウンロードされている製品のバージョンより新しいものがある場合は、このことをホームページ画面に表示しますので、ダウンロード ページにいくべきかどうかの判断がただちに行えます。

これらの情報は、弊社以外に渡されることは決してありません。 ×