Spike2 version 9 for Windowsの最近の技術履歴


バージョン9 ユーザー様にダウンロードが可能になりました。

日付 バージョン 概要
17年12月 9.02 新しくなった箇所
  1. Channel Process is extended to allow time shifts of event channels and debounce of event and Level event channels.
  2. The ArrCWT() script command calculates the Continuous Wavelet Transform of an array of data.
  3. The ArrMapImage() script command converts a matrix into a bitmap using a colour scale.
  4. The ChanOrder() script command is extended to get a list of all channels, in order, including hidden channels.
  5. The ChanList() script command is extended to manipulate channel lists.
  6. Dialog expressions are extended with arithmetic functions.
  7. The XRange() script command can be used as the equivalent of the X Axis Range dialog Show All button.
  8. The Cursor context menus for Lock to Cursor (to another cursor) now have an unlock option and indicate which cursor it is locked to.
  9. The ArrRange() script command finds the range of data in an array.
  10. The script editor can navigate to the next and previous function or procedure start from the right-click context menu.
  11. We have improved the support for very large channel images (more than 32767 pixels in width or height); previously such images did not draw.
  12. You can disable the use of the DEFAULT.s2cx configuration file in the Edit Preferences Sampling tab.
  13. You can right-click the title bar of the Sampling Configuration dialog to copy the path to the current configuration file to the clipboard.
  14. The EditPaste() script command is extended to report clipboard contents and to copy a clipboard bitmap into a script array.
  15. The VirtualChan() script command can create a new channel with a channel number higher than existing channels in addition to creating at the lowest available channel.
  16. RealMark channels with multiple attached data values can have separate titles and units for each item when data is stored to a 64-bit smrx data file. There are new variants of the ChanTitle$() and ChanUnits$() script commands to support this. The Channel Information dialog is extended to cope with the new capabilities.
  17. You can now find out which cells are selected in a grid view with the new Selection() script command.
  18. When sampling with Write to disk disabled, many more items are drawn in the Not saving to disk colour and display their not saving state when you redisplay the data. Spike2 shape data always displays data in the colour that corresponds to the sorted state. Marker data drawn in State mode shows the original colour and the not saving colour.
  19. Previously, some channels that could draw in the Not saving to disk colour only did so when drawn at the very end of a sampling file. Now they always draw data marked as not to be saved in this colour as long as the data is still buffered and could potentially be saved.
  20. You can now reset the data view colours to a dark scheme with black backgrounds rather than white backgrounds by holding down
修正された箇所
  1. The Export As... menu command did not include *.gif in the list of available file formats.
  2. When starting to sample or rerun a data file, if you caused Spike2 to recalculate the data area (by resizing or showing/hiding channels) before the view began to scroll, the x axis range could change to a previously set range.
  3. The online TextMark dialog did not save/restore marker codes in the drop-down list correctly. Codes 0-15 in the first marker code worked correctly.
  4. The ChanMeasure() script command and the Cursor Regions dialog could include an extra data point in measurements such as Mean value when a waveform channel had a channel process applied such as Smooth, and the end of the time range for the measurement exactly matched the time of a waveform data point.
  5. In the Channel process dialog, editing a value caused the channel to update (as expected) unless the edit returned the value to the pre-edit state.
  6. Recording Duplicate Channel did not make the new channel visible.
  7. Recording changes to the Grid display did not work for x grid only or y grid only.
  8. A channel image that was linked to specific channel co-ordinates could disappear if you zoomed in.
  9. A script that created a process that wrote data to a memory buffer channel, deleted the memory buffer, and then repeated this sequence without allowing the script idle time with Yield() or a user interaction command (Interact(), ToolBar() or DlgShow()), could crash.
  10. Toolbar and Interact bar and user-defined dialog short-cuts did not work if the current view was iconized.
  11. The ArrAdd(), ArrSub(), ArrSubR(), ArrMul(), ArrDiv() and ArrDivR() script routines did not accept a const second argument.
  12. Importing a CFS file holding channels of 64-bit floating point data could generate incorrect results.
  13. Edit Preferences dialog Sampling tab does not accept a directory that does not exist, but did not explain the problem.
  14. If you opened a data file ready to sample, then Aborted sampling without starting, a connection to the 1401 was left open. Switching off or removing the 1401 in this state could make it difficult to reconnect without restarting the system.
  15. The ChanPixel() script command in mode% 7 returned 0 when getting the font size, it now returns 3. If you used it to get y axis information that depended on a channel, and the channel was invisible, it could return incorrect values.
変更された箇所
  1. Previously, when a script created a new view that was invisible, it was still moved to the front of all views and given the input focus. This caused the application title bar and the title bar of the view that previously had the input focus to repaint. Now, if a view is created invisibly, it is not moved to the front. This reduces screen flicker and speeds up some scripts. However, any script that relies on a newly created but invisible view having the input focus will need changes.
17年9月 9.01 新しくなった箇所
  1. RealWaveチャンネルをサンプリング用に作成できるようになりました。プログラム可能な信号変換器と使用すると、それまでのサンプルデータに影響を与えずにサンプリング中のゲインの変更が可能です。
  2. WEnv()のバーチャル波形が位相の立ち上がりと立ち下がりに対して、コサインならびにレイズド・コサイン関数を使用できるようになりました。
  3. 信号変換器用のCOMポート選択時に、実在するポートのみを提供するようにし、またポートの特定のために提供する情報も増やしました。
  4. Talkerのチャンネル番号が1から100までの範囲に限定されなくなりました。
  5. Talkerで作成されたチャンネルが、トリガ・サンプリングのトリガとして使用できるようになりました。
  6. 1401インターフェイスによってサンプリングできるチャンネルの総数は最大100までで変更はありませんが、チャンネル番号として付与できる数字の範囲が1から100までに限定されなくなりました。
  7. サンプリング時に、キーボード・マーカー・チャンネル、TextMarkチャンネル、あるいはDigitalマーカー・チャンネルの移動が可能になり、他チャンネルのチャンネル範囲に干渉しなくなりました。
  8. スクリプトのデバッグの際に、複数行対応エディタ内で文字列の変数を編集したり、表示することができるようになりました。
  9. FileApplyResources()スクリプト・コマンドを拡張し、適用するリソースを一部制御できるようになりました。また、名前をつけたリソースファイルを作成しなくても、あるビューで作成されたリソースを現在のビューに適用することができるようにもなりました。
  10. Spike2のHelpメニューにあるAbout Spike2...ダイアログにSpike2を実行しているコンピュータ名が含まれるようになりました。この名称は、ネットワーク上で動作しているTalkerがSpike2にアクセスするために必要なものです。
  11. D440 信号変換器にReset Calibrationボタンが追加されました。
  12. Biopacインポーターが64ビットでビルドされたSpike2で使用できるようになり、同時に最新バージョンにもアップデートされました。
  13. ColourSet()スクリプト・コマンドとColourGet()スクリプト・コマンドが、ソノグラムでの使用と同様にカラースケールにアクセスできるようになりました。
  14. DlgEnable()スクリプト・コマンドを使って、ユーザー定義されたダイアログ内のビットマップの可視性を制御できるようになりました。
  15. CondSet()スクリプト・コマンドとOutputReset()スクリプト・コマンドに変換器と出力ステートをリセットできる複数のバリアント型の変数を追加しました。
  16. System()スクリプト・コマンドを拡張し、GUIのスレッドで使用されているCPU時間をレポートできるようになりました。
  17. チャンネル・コメント無しにチャンネルをディスク・ファイルに保存すると、Spike2がソース・チャンネル番号、バーチャル・チャンネルならびにチャンネル・プロセス情報などを追加するようになりました。
  18. マウスをタイム・ビュー・チャンネルのY軸上に合わせるとポップアップするツールチップに表示されるチャンネル・プロセスならびにWaveMarkトレースに関する情報を増やしました。
  19. Cursor RegionsダイアログとCursor Valuesダイアログに入力フォーカスがある(設定されている)場合でも、Toolbar、Interactバーならびにユーザー定義のダイアログ内でユーザー定義のショートカット・キーの使用を停止しなくなくなりました。
  20. SampleText()スクリプト・コマンドは、テキスト・マーカーが追加された時間を返すようになりました。
  21. Overdraw WMやその他の描画モードでスパイク選択用のラインを引くために、CtrlキーとAltキーを押しながらマウスでクリックする際に、Shiftキーを使ってそのラインを水平に保つことができるようになりました。
  22. クラスタリング・ダイアログ内で、Fキーを使用して(楕円あるいはユーザー定義の形状を使って)選択したイベントにコードFFを設定できるようになりました。CtrlキーとShiftキーとFキーを同時に押すことで画面上に表示されている全てのイベントに対してコードFFを設定することもできます。
  23. クラスタリング・ダイアログ内で、マウス・ホイールを使ってユーザ定義の楕円や形状サイズの拡大・縮小ができるようになりました。
  24. System$() スクリプト・コマンドに、 Spike2を起動したコマンド・ラインを読み込むためのバリアント型の変数を追加しました。
  25. GIF形式でFileSaveAs()を使ってビットマップを保存できるようになりました。GIFはインタラクティブに画像をロードする際、あるいは保存する際に提供されますが、この形式はGIFアニメーションではありません。
  26. スクリプト・コンパイラーのエラー・メッセージを改良し、スクリプトのシンタックスエラーの原因を特定できるようにしました。
修正された箇所
  1. 多数のチャンネル(300以上)や多数の異なるチャンネルのTitle、Units あるいは Commentsがデータ・ファイルに含まれている場合にインポートやエクスポートを行うと、.smrxデータ・ファイルが開かないことがありました。現在はS64Fixプログラムを使ってそのようなファイルの修復ができるようになりました。
  2. あるスクリプトをコンパイルして(そして実行し)、さらにコンパイル・エラーが生成された別のスクリプトをコンパイルし、その後で最初のスクリプトを実行すると、スクリプト・コンパイラー・システムが混乱することがありました。
  3. マーカー項目がコード00(デフォルト・コード)で追加されると、Graphical sequenceエディタがエラーを返していました。
  4. 破損したサンプリング設定ファイルを開こうとするとSpike2がクラッシュすることがありました。
  5. 要求よりも著しく遅い、あるいは速いレートでサンプリングされたチャンネルに関するメッセージをSampling Noteに追加するコードが速いレートでサンプリングされた場合でも常に該当チャンネルのサンプリング・レートが遅いと記録していました。
  6. 6. FileメニューのImport コマンドが、全てのチャンネル・コメントの冒頭にチャンネル・タイトルを追加していました。現在は、チャンネル・タイトルが長過ぎてインポート・システムによって文字が切り詰められた時のみのふるまいになりました。
  7. 時間設定されたサンプリング・セクションの終わりのキーボード・マーカーがディスクに書き込まれていませんでした。
  8. バージョン9.00において、時間設定あるいはトリガされたサンプリング・モードにおける初期サンプリング・ステートが正しくありませんでした。
  9. グリッド・ビュー内では、非ASCII 文字を貼り付けることができませんでした。
  10. X Axis Rangeダイアログで、軸のUnitを変更すると、新たな軸モードではなく、その前の軸モードのLeft値およびRight値をリペイントしていました。
  11. 32ビット形式でデータをサンプリングし、FileSaveAs("", -1)スクリプト・コマンドを使ってそのファイルを保存すると、(32ビットのファイル場合は、.smrファイル拡張子であるべきであるにもかかわらず)デフォルトで提供されるファイル拡張子が.smrxになっていました。Spike2は64ビットのファイルであればどちらの拡張子でも読み込めますが、.smrx拡張子の32ビット・ファイルを読み込むことはできません。
  12. 1401を使わずにサンプリングするとサンプリング・コントロール・バーのTriggerチェック・ボックスが無効化されます。これは、1401を使用せずにトリガを使って開始する機能が(現在は)サポートされていないためです。
  13. スクリプトがブレークポイントをヒットしたり、スクリプトのアイドル・ルーチンでSpike2とのInteracting時に、Cursor Valuesダイアログ、Regionsダイアログ、あるいはSpike-shapeウィンドウやMultimediaウィンドウを開いたりすると、それがスクリプトの現在のビューに設定されてしまい、その結果「Wrong View type(Wrong Viewタイプ)」エラーで実行中のスクリプトがエラーになることがありました。
  14. Channel設定ダイアログ内でD440信号変換器のゲインを変更してもy軸の目盛が更新されませんでした。
  15. Sample Bar内のImmediate StartモードでWrite to Diskステートが機能するようになりました。Immediate Start が有効になっていない場合には、Write to Diskの変更は無効になります。
  16. サンプリングを再開するために)Resetサンプリングを選択しても、 Cursor RegionsダイアログおよびCursor Valuesダイアログが再設定されませんでした。
  17. タイム・ビューでXAxisMode()を記録する時にx軸が秒単位でなかった場合、予想外のmode%値が生成されてしまうことがありました。
  18. 第2引数としてポートのアレーを使用すると、SampleWaveMark()スクリプト・コマンドがエラーになっていました。
  19. SampleClear() スクリプト・コマンドが、SampleConfig$()で返される最後に読み込まれたサンプリング設定の名称をクリアしていませんでした。
  20. Ec()ならびにEt()バーチャル・チャンネル関数が必要以上の検索を実行し、1データ・ファイルのクロック・ティック分前のイベントまで検索していました。(ある意味不自然な状況において)これが原因でEc()関数が1つ大きいカウントを生成することがありました。Et()コマンド出力に対する影響については通常は問題にならないくらい小さなものでした。
  21. WSqu()バーチャル・チャンネル関数が、低位相のサンプルを一つ余分に取ってしまうことがありました。
  22. TextMarkチャンネル内の項目をダブルクリックあるいは編集してもそのチャンネルの複製が更新されていませんでした。
  23. 複数のスクリプト・コマンドが引数として使用できるはずの定数項目を使用できませんでした。例としては、SampleTrigger()、 YAxisAttrib() ならびに YAxisStyle()が、const cSpc%[3]:={2,1,2}で宣言されたcSpc%引数を使うことができませんでした。
  24. イベント時間が波形サンプルに合っていないと、 波形やイベント・チャンネルからWaveMarkチャンネルを生成するMemImport()コマンドが最後の波形ポイントを取り損ねることがありました。
  25. 対数表示のy軸があるビューにおいて長方形をドラッグして拡大すると、誤ったy軸範囲がその結果として表示されていました。
変更された箇所
  1. MatLabを開けなくてもMatLabOpen()スクリプト・コマンドが致命的なエラーとしてスクリプトを停止しなくなりました。この場合は負のエラー・コードを記録します。
  2. スクリプト・デバッガーで文字列変数を編集するためにウインドウを開くと、初期の文字列を選択することができなくなり、編集ウインドウが文字列を収めるためにサイズの変更を行ないます。
  3. Talkerの例は、カスタマイズしたインストールで除外されない限り、常にインストールされます。
  4. ファイル名の自動設定時の最大長さが23文字から40文字に増えました。Spike2の古いバージョンでは、名称編集時の最大長さは23文字までに限定されていました。
  5. 新しいチャンネルを作成すると、デフォルトのチャンネル・タイトルとチャンネル・コメントが、「untitled(タイトル無し)」と「No comment(コメント無し)」ではなく、空の文字列を設定するようになりました。
  6. SampleText()コマンドによって返される値が変更されました。これまでは常に0を返していました。
17年6月 9.00 新しくなった箇所
  1. 64ビットの smrx ファイルに保存できる最大チャンネル数が400から2000に拡張されました。
  2. バーチャル・チャンネル、メモリー・チャンネルならびに複製チャンネルの最大数が2000に拡張されました。
  3. XY ビュー内の最大チャンネル数が256から2000に拡張されました。
  4. Result ビュー内の最大チャンネル数が400から2000に拡張されました。
  5. グリッド・ビュー内の最大行数が10000行から1000000行に拡張されました(列数は、最大1000のまま変更はありません)。
  6. サンプリング中に使用可能な任意波形エリア数が、Power1401デバイスでは10から62に、Micro1401デバイスでは20へと拡張されました。
  7. Chan() スクリプト・コマンドが追加され、チャンネル仕様に適合するチャンネル番号を見つけることができるようになりました。
  8. スクリプト言語に、ビット NOT(~)、 整数型ビットシフト(<<、 >> ならびに >>>)の数値演算子が追加され、また & をビット AND、&& を論理 AND、| をビット OR、 || を論理 OR、 % を剰余、さらに ! を論理否定として使用できるようになりました。
  9. 本スクリプト言語では、例えば「 +- 」*3 が「 +-+-+- 」となるように文字列を乗じる * を使用することができます。
  10. メモリー・バッファ・インポート・ダイアログと MemImport() スクリプト・コマンドを使って、WaveMark チャンネルを波形にインポートできるようになりました。
  11. ArrHist() スクリプト・コマンドで整数型ソース・アレーを使用できるようになりました。
  12. Edit メニューの Find and Replace ダイアログならびにスクリプト言語の同等機能が ECMA スクリプトの 正規表現をサポートするようになりました。
  13. Virtual チャンネル・ダイアログ、 Evaluate ダイアログ、 Debugger 変数編集ダイアログ、グラフィカルエディタ任意波形追加ダイアログ、 Change Colours ダイアログを始めとする複数のダイアログでサイズ調整が可能になり、これまでよりも長い文字列を入力したり、スクロールしなくても長いリスト・アイテムにアクセスすることができるようになりました。
  14. Edit TextMark ダイアログが開かれていれば、データ・ビュー内で該当するチャンネルの TextMark アイテムをクリックし、ダイアログ内でTextMark アイテムに移動することができるようになりました。TextMarkデータ・アイテムのリストを表示するためにダイアログが大きくなった場合、選択したアイテムがハイライトされます。
  15. 1401を使用しないサンプリング設定にした場合(出力シーケンス、任意波形出力、波形チャンネル、WaveMark チャンネル、イベントあるいはデジタル・マーカー入力がない場合)、 1401 に繋がずに Talker を使ってデータをサンプリングすることができます。
  16. FileOpen() スクリプト・コマンドに Unicode モードで外部テキスト・ファイルを開くことができる新しい mode% フラグが追加されました。
  17. SSOpen を使って、現在のビューとタイム・ビューを紐付けることができるようになりました。これまでのバージョンでは、タイム・ビューしかありませんでした。
変更された箇所
  1. メモリ・チャンネル、バーチャル・チャンネルならびに複製チャンネルのチャンネル数が変更されました(これはディスク・チャンネルを増やすためのスペースを作るためです)。 401 チャンネルを最初のメモリー・チャンネルに、あるいは 701 を最初のバーチャル・チャンネルに指定しているスクリプトは今後停止することになります。弊社は、このようなことをスクリプトで行わないように再三述べてきました。最初のメモリー・チャンネルを取得するために Chan("m1") を、また最初のバーチャル・チャンネルを取得するためには Chan("v1") を使用できます。最初の複製チャンネル番号を見つける時は、 DupChan(0) を使って下さい。
  2. 古い形式の設定( *.s2c )、あるいはリソース( *.s2r )形式のファイルの読み込みができなくなりました。 上記の形式で書き込みを行った最後のバージョンは、2012年にリリースされたSpike2 7.10です。古い形式のファイルを読み込む必要がある場合は、Spike2 のバージョン 8 を使って新しい *.s2cxならびに *.s2rx 形式に変換することができます。

Cambridge Electronic Design Limited

Registered in England: 972132

Registered office:

  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.

VAT: GB 214 2617 96

Producer Registration number: WEE/BD0050TZ

Terms and Conditions of Sale

For our US customers, we can provide tax form W-8BEN, that identifies us as a UK company.

DUNS: 219151016
CAGE/NCAGE: KB797
NAICS: 423490
Commodity codes
Hardware: 84716070
Software: 85234945
×

電子メールによる:

info@ced.co.uk

郵便で
  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.
電話による:

(Int.+44) (0)1223 420186

北アメリカから:

1 800 345 7794

×

プライバシーポリシー

CEDは、このサイトを通して、プライバシーに関する2つのことを行っています。以下にこれらについて説明します。

ダウンロードからのEメール情報

弊社ではこのサイトで、テスト プログラムや、Spike2など主要パッケージのアップデート バージョンの完全インストール ファイルなど、さまざまなファイルのダウンロードを提供しています。

お客様が主要パッケージをダウンロードするときに、弊社ではいくつかの事項について質問いたします。たとえば、お客様の氏名、Eメールアドレス、アップグレードしようとしているソフトウェアのシリアル番号、 製品アップデートのお知らせをEメールで自動的にお受けになりたいかどうか、といった事項があります。これらの情報は、お客様がダウンロードを実行する最終画面にアクセスされたときに弊社にEメールで送信されます。 このEメールでは、ご使用になっているブラウザが、現在ご使用のブラウザのタイプとバージョン、および現在ご使用になっている画面解像度の情報を送信するようになっています。

弊社がこれらの情報を収集・管理する理由は、どなたが最新バージョンを取得したかを知ることが弊社ソフトウェア開発チームにとって役に立ち、お客様がどのようなブラウザを使用して弊社のサイトをご覧になっているか、 どのような画面解像度をご使用になっているかを知ることが弊社ウェブサイト開発チームにとって役に立つからです。

クッキー

お客様が主要パッケージをダウンロードするときに、お客様の氏名、ご使用ソフトウェア パッケージのシリアル番号、ダウンロードするバージンを、クッキーという小さなファイルでお客様のコンピュータに書き込みます。 これらのファイルの有効期限は1年間です。

これらの情報をストアする理由は、まず第1に、お客様が後日別のダウンロードを行う場合に、お客様の情報がこのクッキーから読み取られ、ダウンロード フォームに書き込まれますので、お客様は入力の手間が省けることにあります。 第2の理由は、お客様が弊社サイトに次回にアクセスしたときに、ご使用のブラウザがお客様がお持ちの弊社クッキーを調べ、すでにダウンロードされているバージョンと、弊社サイトにある最新バージョン番号を比較することにあります。 お客様がすでのダウンロードされている製品のバージョンより新しいものがある場合は、このことをホームページ画面に表示しますので、ダウンロード ページにいくべきかどうかの判断がただちに行えます。

これらの情報は、弊社以外に渡されることは決してありません。 ×