• UK
  • US
  • Français
  • Deutsch
  • Español (precios €)
  • Portugal
  • Polski
  • 日本人
  • 中國傳統
  • 简化中国

分析

Spike2 には、波形特徴の検出、平均/トレンド・プロットと共に潜伏時間、振幅、面積の測定が内蔵されています。スクリプト言語を使用してさらにカスタマイズした分析機能を用いることができます。

  • 心拍変動性研究用の心電図 R 波などの検出した波形の複合セグメントに基づいてタコグラフ・チャンネルを生成します。
  • 再分極パーセントの確定と心筋活動電位の潜時の測定
  • 拍動毎を基本とする収縮期/拡張期の血圧測定平均血圧を算出してプロットするための検出ピーク値と谷値の使用
  • 薬剤使用への反応の印付けと測定


波形処理
ビデオを再生するためにクリック

このビデオ・チュートリアルは、
血圧トレースから心拍数を生成する方法をご紹介します。



Spike2 ではオンラインとオフラインのチャンネル・プロセス(例、修正またはスムーズ化)を適用して波形特徴の検出と測定を容易にすることができます。バーチャル・チャンネルではアイントーベンの三角形における第 3 リード線の計算など内部チャンネル算術が可能となります。

  • 処理されたデータ内での重要なポイントの確定とのマーク付け。これらの参照マーカーを使用して元の信号から測定値を取り込む
  • データ処理オプションには、ノイズや不要な周波数を低減するデジタル・フィルタリングとスムーズ化、成分を見つけるのが難しい検出を可能にする微分、 信号を正規化し、ベースラインからずれを最小にする DC 除去などが含まれる
  • プロセスの適用はディスクに保存されている元のデータではなく、表示されたデータのみに影響
  • 生と処理済みのデータを同時表示のために重複チャンネルを作成

心筋活動電位の分析




測定

カーソル位置の結果から、相関、平均値、スクリプト起動機能をプロットすることができ、必要な場合は、詳しい分析のためにエクスポートすることが可能です。

  • 利用できる測定値には以下が含まれます:平均波形値、傾斜、曲線領域、比率、相違、ピーク・ツー・ピーク振幅
  • カーソルの位置を基本とした複数測定の実行
  • 結果をデータ・ファイルの新しいチャンネルまたは XY スキャタ・プロットにプロットする
  • 結果をスプレッドシートにエクスポートする

複数測定値のトレンド・プット

×

Spike2 は、オンラインとオフラインで波形特徴の検出を行い、内蔵のアクティブ・カーソルと測定関数を使って、データ・ファイルの新チャンネルでこの特徴をマークすることができます。 このビデオ・チュートリアルは、血圧トレースから心拍数を生成する方法をご紹介します。

Cambridge Electronic Design Limited

イギリスで登録済み: 00972132

登録事務所:

  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.

VAT: GB 214 2617 96

プロデューサー登録番号: WEE/BD0050TZ

販売規約

米国のお客様には、英国の会社であることを示すW-8BEN納税フォームを提供できます。.

DUNS: 219151016
CAGE/NCAGE: KB797
NAICS: 423490
商品コード
Hardware: 84716070
Software: 85234945
×

電子メールによる:

info@ced.co.uk

郵便で
  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.
電話による:

(Int.+44) (0)1223 420186

北アメリカから:

1 800 345 7794

×