• UK
  • US
  • Français
  • Deutsch
  • Español (precios €)
  • Portugal
  • Polski
  • 日本人
  • 中國傳統
  • 简化中国

刺激生成

Signal は CED 1401 インターフェイスから最大 8 本のアナログと 16 本のデジタルラインで刺激出力を生成することができます。グラフィカル・パルス・エディターによって、素早く簡単に刺激プロトコルを作成できるよう、ユーザーが使い易い形で表示が提供されます。 より複雑な出力と制御条件を対象とした、シーケンサー・コードに直接アクセスが可能なテキスト・エディターもあります。

  • パレットからパルスとアナログ波形をエディターの出力トラックにドラッグ・アンド・ドロップ
  • タイミングと振幅を含めたパルス・パラメーターをサンプリング中でも素早く、簡単に変更
  • 500 までのパルスのセットを最大 256 作成
  • 出力は固定、または出力によって振幅および繰り返し期間の変更が可能
  • 複数の状態を使用して自動された刺激シーケンス用にパルス・プロトコルを定義して、使用された刺激をそれぞれの反応と一緒に自動的に記録
  • ボタンのクリックで刺激プロトコル間を切り替え

パルス構成ダイアログ

電流および電圧刺激装置の制御

1401 インターフェイスから送出された正確にタイミング調整された TTL パルスによって、広範囲の定電流/定電圧の電気刺激装置をトリガーすることができます。Digitimer 社から購入可能なDS4、DS5 そして DS8R 刺激装置などの定電流装置では、1401 によって生成された入力アナログ電圧波形に比例した定電流の刺激が出力されます。

Magstim 制御

Signal に内蔵の補助状態システムでは、刺激の振幅/タイミングの調整および刺激装置の状態チェックを含め、サンプリング中の 社の経頭蓋磁気刺激装置の直接制御が提供されます。すべての設定は対応するデータ・フレームと一緒に保存されます。 - Magstim刺激装置の設定またはMagstimコンフィギュレーションの設定のデモビデオ、またはTMS適用指針をご覧ください。

振幅対刺激強度のトレンド・
プロット付きの運動誘発電位分析

×

対応する Magstim デバイスの複数のステート制御は、Signal の補助ステート・モジュールを使って行われます。ユーザーは States タブの Magstim ボタンを使って、Magstim 2002、 BiStim2、Rapidデバイスのコンフィギュレーションを設定することができます。このビデオ・チュートリアルは、Signal で Magstim コンフィギュレーションを設定する方法をご紹介します。

×

このチュートリアルでは、Magstim、CED 1401インターフェイス、 シリアル回線通信用接続ケーブル、増幅器、SignalソフトウエアとTMSシステムを組み合わせて使用する方法を紹介します。

Cambridge Electronic Design Limited

イギリスで登録済み: 00972132

登録事務所:

  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.

VAT: GB 214 2617 96

プロデューサー登録番号: WEE/BD0050TZ

販売規約

米国のお客様には、英国の会社であることを示すW-8BEN納税フォームを提供できます。.

DUNS: 219151016
CAGE/NCAGE: KB797
NAICS: 423490
商品コード
Hardware: 84716070
Software: 85234945
×

電子メールによる:

info@ced.co.uk

郵便で
  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.
電話による:

(Int.+44) (0)1223 420186

北アメリカから:

1 800 345 7794

×