• UK
  • US
  • Français
  • Deutsch
  • Español (precios €)
  • Portugal
  • Polski
  • 日本人
  • 中國傳統
  • 简化中国

テキスト・エディタを使用した制御

テキスト・エディタを使用した制御

テキスト・エディタによって出力シーケンサーの全機能への完全アクセスが与えられます。デジタルとアナログの一般出力制御用の標準手順説明のほかに、テキスト・エディタでは制御ステートメン トの流れをさらに効率良く使用でき、専門家の操作を対象とした追加コマンドも数多く付属しています。このテキスト・エディタの使用によって、ユーザーは固定値の代わりにシーケンサー命令用 の変数と式を設定することが可能になります

スクリプト言語とシーケンサー・インタラクション

出力シーケンサーは、内蔵の制御コマンドを使用してインタラクテイブに、あるいは自動的に制御することができます。しかしならが、リアルタイムで出力値を読み取り、 更新することが必要となる場合があります。この種の状況では、出力シーケンサーを Spike2 スクリプト言語で制御することが可能です。

スクリプトとテキスト・シーケンスからのカスタム・
パルス生成

スクリプトは、波形増幅、デジタル状態、タイミング値を表す変数の送受信によってシーケンサーと一緒に作動します。刺激出力用の事前記録のスパイク間隔のリストまたは線形周波数傾斜波を 生み出すために計算されたイベント時間の一連などのデータの大きなブロックは、内蔵のシーケンサー表を使用して転送することができます。

例として、パルス間の間隔が定義時間に達するまで、あるいは刺激が不整脈を誘導するまで漸次減らされる S1 - S2 心臓ペーシング・プロトコルで、スクリプトとシーケンスの組み合わせにより完全な実験制御が提供されます。シーケンサーは、ペーシング・パルスのリアルタイム生成とタイミングを制御する一方、 スクリプトは高いレベルの「スーパーバイザ」として働き、ユーザーのインタラクションを可能にし、受け入れるデータの変化に対応してシーケンサー値を更新します。一旦不整脈が検出されると、 スクリプトは自動的に刺激出力を停止します。

スクリプトとテキスト・シーケンスを使用して生成した S1 - S2 刺激プロトコルの例

×

Spike2 のグラフィカル・シーケンス・エディターは、内蔵されている出力シーケンサー用の使いやすいインターフェイスを提供します。このビデオ・チュートリアルは、 グラフィカル・エディターと、それを使ってサンプリング中に使用する様々な出力の設定方法についてご紹介します。

Cambridge Electronic Design Limited

イギリスで登録済み: 00972132

登録事務所:

  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.

VAT: GB 214 2617 96

プロデューサー登録番号: WEE/BD0050TZ

販売規約

米国のお客様には、英国の会社であることを示すW-8BEN納税フォームを提供できます。.

DUNS: 219151016
CAGE/NCAGE: KB797
NAICS: 423490
商品コード
Hardware: 84716070
Software: 85234945
×

電子メールによる:

info@ced.co.uk

郵便で
  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.
電話による:

(Int.+44) (0)1223 420186

北アメリカから:

1 800 345 7794

×