ソフトウェア履歴

ユーザーに閲覧いただいているとおり、これらは弊社の Windows ベースの製品の一部についての簡単な累録履歴です。

リンクをクリックすると、広い範囲で詳細が利用でき、該当する技術履歴を参照していただくことができます。

Version 9 17年6月 リリースノート
  • 1401インターフェイスが無くてもTalkerが使用できるようになりました。
  • チャンネル数が2000に拡張されました。
  • グリッド・ビュー内の行数が1,000,000行まで拡張されました。
  • 波形出力用のメモリ・ブロックが、Powerファミリでは62に、Microファミリでは20に拡張されました。
  • スクリプト言語に新しい数値演算子が追加されました。
  • サイズ調節が可能なダイアログが増えました。
Version 8 13年12月 リリースノート
  • システム専用 64 ビットと 32 ビットのアプリケーション・バージョンを利用可能
  • 現在、データ・ファイル形式は 64 ビット、32 ビットの旧ファイル形式の読み取り、書き込み、サンプリングは維持
  • 現在、サンプリング時間とデータ・ファイルのサイズは実質的に無制限
  • サンプリング中の保存でレトロスペクティブにデータをマーク
  • より大きなファイルを処理できるようにファイル・インポート・システムを拡張
  • 例えば強度キーなど、ソノグラム表示を改良
  • スクリプト駆動ダイアログの最大サイズを本来のモニター画面のサイズに拡大
  • 4 GB より大きなファイルの作成をサポートするように、MATLAB のエクスポートを拡張
  • スクリプト・バーとサンプル・バーのボタンを有効にする Alt+key の組み合わせを追加
  • 64 ビットの値が受け入れられるように、スクリプトおよび出力シーケンサーを拡張
  • シーケンサーのテキスト・エディターは現在、ラベルとしてのキーへの高速移動に対応
更新
  • ユニコード・サポートが追加されて、ASCII 以外の文字を使用できるようになっています。
  • 水平カーソルは、自動で位置決めできるように、アクティブにすることができます。
  • スクリプティング:言語、編集、デバッグの機能向上と #include ファイルの処理能力の向上。
  • メモリー・チャンネルを持つデータ・ファイルを閉じる際のオプションの警告。
  • クラスタリング:INTH は最小間隔で垂直カーソルを表示。
  • 多数のチャンネル用にチャンネル表示/非表示ダイアログの機能が向上。
  • 2D カラー・マッピング機能 (ヒートマップ)、薄板スプライン生成。
  • クイック・キャリブレーション機能。
  • Grid ビューを追加。
  • ウィンドウのタイトルを編集し、XY ビューの軸、単位、チャンネル・タイトルを編集するための新ダイアログ。
Version 7 09年6月 リリースノート
  • 許されるデータ・ファイルの大きさが最大 1TB
  • 大幅に拡張された出力シーケンス
  • 他のデータ取得装置とインターフェイスを担う Talker モジュール
  • 垂直マーカーの描画
  • 水平カーソルの数が 4 から 9 に増加
  • Power1401 と Micro1401-3 のユーザーは現在、オーバーサイズのスパイクをオンラインで拒絶可能
  • イベント入力をオンラインで「バウンス解除」可能
  • Power1401 のユーザーは任意波形出力の 8 つの DAC すべてに対しアクセスを持つ
  • Power1401 mk II のユーザーは正弦曲線および 傾斜波出力の 8 つの DAC すべてに対しアクセスを持つ(Power1401 mk I のサポートは 7.05 で行われる予定)
  • クラスタリング・ウィンドウに対する改善箇所多数あり
  • オプションの x 軸表示(ミリ秒)、これに加え軸単位の自動スケーリング
  • デバッグ時のスクリプト変数を表示する新しい「Watch」ウィンドウ
  • 新規および性能向上した描画モード
  • スクリプト・ライターにより、マウス位置の活用が可能
Version 6 06年9月 - 12年10月 リリースノート
  • 取り扱うチャンネル、400 本
  • MATLAB ファイルのエクスポート
  • 高いサンプリング効率
  • バースト・モード・サンプリング
  • 3D オーバードロー
  • 性能が向上したスクリプト・エディタ
  • インタラクティブな IIR フィッティング
  • アレイの寸法の数、最大 5 個
  • 対数軸のオプション
Version 5 03年4月 - 09年4月 リリースノート
  • 四極管および二極管記録
  • スパイク形状ソートでの「主成分分析」とクラスタリング
  • スプレッドシートへのエクスポート
  • 3 次スプライン描画モード
  • バーチャル・チャンネル
  • ビデオ取得
  • チャンネルに対する測定値
  • マトリックス・スクリプト関数
  • 曲線フィッティング
  • 複数モニターのサポート
Version 4 01年4月 - 05年12月 リリースノート
  • サンプリングが 32 チャンネルまで増加
  • Power1401 での高速サンプリング
  • 波形の較正
  • アクティブ・カーソル
  • グラフィック・シーケンス・エディタ
  • スパイク形状のソート
  • 10 本の垂直カーソル
  • 多くの形式に対応のファイル・インポーター
Version 3 98年03月 - 01年10月 リリースノート
  • 出力シーケンサーの拡張
  • スパイク・オーバードロー・モード
  • 性能が向上したスクリプト・コマンドとその範囲
  • 各種 XY ビュー
  • 状況に応じたヘルプ
  • 標準 1401 使用のサンプリングに対応する最新バージョン
  • 破損したデータ・ファイルを修正する SonFix プログラム
Version 6 13年12月 リリースノート
  • 現在、64 ビットと 32 ビットのアプリケーション・バージョンが利用可能です。
  • 1 つ以上の浮動小数点値を随時保存できるように、新しい RealMark チャンネル・タイプが追加されています。
  • 新しい RealMark チャンネル・タイプ用にスクリプト・サポートが追加されています。
  • メモリー・チャンネル用にインタラクティブ制御が追加されています。データのインポート、追加、削除機能が利用可能です。
  • マーカーまたは RealMark データの自動作成用に、新しいメモリー・チャンネル処理メカニズムが追加されています。
  • 新しい RealMark チャンネル・タイプをサポートするように、拡張された描画モードと Virtual チャンネル機能が追加されています。
  • 電圧ベースの電信機能は現在、インストールされた補助電信システムと一緒に使用が可能です。
  • 最新のバージョン 7.3 をサポートするように、MATLAB ファイル形式へのエクスポートが拡張されています。
更新
  • 新しい種類のグリッド・ビューが追加されました。このビューはスクリプトから使用でき、スプレッドシートのようなデータ・テーブルを提供します。
  • ソフトウエアを再インストールしなくても、信号変換器、補助刺激装置、または増幅テレグラフ・システム間の切り替えができるようになりました。
  • ユニコード・サポートが追加されていて、スクリプトやそれ以外の場所に ASCII 以外の文字を使用できるようになっています。
  • ダイナミック・クランプが拡張されています。特に、Hodgkin/Huxley A/B モデルは現在 3 つのコンポーネントを備えており、現在すべてのシナプス・モデルが多様なレセプター・タイプをサポートしています。
  • 水平カーソルは現在、自動で位置決めできるように、アクティブにすることができます。
  • 新しい実験者のノート・システムが、標準操作に加えてユーザーの追加ノートの自動記録を行います。
  • 新しいインターバル・ヒストグラム解析メカニズムが追加されています。
  • テキスト・ベースの文書、XY文書、メモリー文書は、プログラムがエラーを起こした場合に復元できるように、いずれも定期的に保存されます。
  • MagVenture MagPro 経頭蓋磁気刺激装置用のサポートが追加されています。
  • Digitimer D440 増幅器が、使用可能な信号変換器のデバイスに追加されています。
Version 5 10年10月 リリースノート
  • ダイナミック・クランプ・サポートが追加されました;最大15種類のクランプ・モデルの使用が可能です。
  • 複数の任意波形出力が使用できるようになりました。
  • クランプ・サポートが拡張され、最大8種類のクランプ・セットまで使用できるようになりました。
  • チャンネルのY軸は、スケールの自動変更ならびにSI 接頭辞の使用が可能になり、また横書きラベルも追加されました。
  • パルス設定ダイアログの書き直したことで、使いやすさが向上し、より適切にタイミング情報を提供できるようになりました。デジタル・マーカー生成アイテムが使用可能なパルスに追加されました。
更新
  • データ・ビューと XY ビューには現在、バックグラウンド用の bitmap イメージが付いています。
  • スペクトル解析機能がバーチャル・チャンネル・システムに追加されています。
  • MATLAB アクセス機能がスクリプト言語に追加されています。
  • Digitimer D360、Axoclamp 900A、Heka EPC-800 増幅器用のサポートが追加されていて、MultiClamp 700 増幅器用のサポートにより、増幅器は現在、最大 4 つまで使用できるようになっています。
  • MagStim Rapid 用の追加保護メカニズムを含めて、統合された MagStim 刺激装置のサポートが改良されています。
  • 新しい Output リセット・システムにより、サンプリングの開始時または停止時に、1401 の出力が安全な値に設定されるようになっています。
Version 4 07年10月 - 14年1月 リリースノート
  • 可変スイープ・ポイント
  • MATLAB ファイルのエクスポート
  • バーチャル・チャンネル
  • 3D オーバードロー
  • ギャップなしのサンプリング
  • インタラクティブな IIR フィッティング
  • 改善されたクランプ対応
  • 性能が向上した BiStim および MagStim 高速コントロール
Version 3 04年8月 - 09年9月 リリースノート
  • SCAN 分析
  • クランプの実験に対応
  • テキスト・シーケンサー
  • 複数クランプの電信サポート
  • MAGSTIM サポート
  • 3次スプライン描画
  • マトリックス演算
  • 「音声読み上げ」の追加
  • 複数モニターのサポート
  • 対数軸のオプション
Version 2 00年08月 - 06年1月 リリースノート
  • 曲線フィッティング
  • マトリックス・スクリプト関数
  • ファイル・インポーター
Version 1 98年05月 - 02年9月 リリースノート
  • 真の Windows プログラム、DOS Spike2 バージョンの後継ソフト
  • ユーザー編集可能なスクリプトにより、プログラムをカスタマイズ

Cambridge Electronic Design Limited

Registered in England: 972132

Registered office:

  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.

VAT: GB 214 2617 96

Producer Registration number: WEE/BD0050TZ

Terms and Conditions of Sale

For our US customers, we can provide tax form W-8BEN, that identifies us as a UK company.

DUNS: 219151016
CAGE/NCAGE: KB797
NAICS: 423490
Commodity codes
Hardware: 84716070
Software: 85234945
×

電子メールによる:

info@ced.co.uk

郵便で
  • Cambridge Electronic Design Limited,
  • Technical Centre,
  • 139 Cambridge Road,
  • Milton,
  • Cambridge CB24 6AZ
  • ENGLAND.
電話による:

(Int.+44) (0)1223 420186

北アメリカから:

1 800 345 7794

×

プライバシーポリシー

CEDは、このサイトを通して、プライバシーに関する2つのことを行っています。以下にこれらについて説明します。

ダウンロードからのEメール情報

弊社ではこのサイトで、テスト プログラムや、Spike2など主要パッケージのアップデート バージョンの完全インストール ファイルなど、さまざまなファイルのダウンロードを提供しています。

お客様が主要パッケージをダウンロードするときに、弊社ではいくつかの事項について質問いたします。たとえば、お客様の氏名、Eメールアドレス、アップグレードしようとしているソフトウェアのシリアル番号、 製品アップデートのお知らせをEメールで自動的にお受けになりたいかどうか、といった事項があります。これらの情報は、お客様がダウンロードを実行する最終画面にアクセスされたときに弊社にEメールで送信されます。 このEメールでは、ご使用になっているブラウザが、現在ご使用のブラウザのタイプとバージョン、および現在ご使用になっている画面解像度の情報を送信するようになっています。

弊社がこれらの情報を収集・管理する理由は、どなたが最新バージョンを取得したかを知ることが弊社ソフトウェア開発チームにとって役に立ち、お客様がどのようなブラウザを使用して弊社のサイトをご覧になっているか、 どのような画面解像度をご使用になっているかを知ることが弊社ウェブサイト開発チームにとって役に立つからです。

クッキー

お客様が主要パッケージをダウンロードするときに、お客様の氏名、ご使用ソフトウェア パッケージのシリアル番号、ダウンロードするバージンを、クッキーという小さなファイルでお客様のコンピュータに書き込みます。 これらのファイルの有効期限は1年間です。

これらの情報をストアする理由は、まず第1に、お客様が後日別のダウンロードを行う場合に、お客様の情報がこのクッキーから読み取られ、ダウンロード フォームに書き込まれますので、お客様は入力の手間が省けることにあります。 第2の理由は、お客様が弊社サイトに次回にアクセスしたときに、ご使用のブラウザがお客様がお持ちの弊社クッキーを調べ、すでにダウンロードされているバージョンと、弊社サイトにある最新バージョン番号を比較することにあります。 お客様がすでのダウンロードされている製品のバージョンより新しいものがある場合は、このことをホームページ画面に表示しますので、ダウンロード ページにいくべきかどうかの判断がただちに行えます。

これらの情報は、弊社以外に渡されることは決してありません。 ×